ここから本文です

JALとエアバス、羽田でA350イベント CAと紙飛行機ゲームで記念品ゲット

Aviation Wire 9月3日(土)16時11分配信

 日本航空(JAL/JL、9201)とエアバス・ジャパンは、9月3日から羽田空港国内線第1ターミナルで、JALが2019年から導入する最新鋭機エアバスA350 XWBのプロモーションイベントを共催している。折り紙飛行機を使ったゲームに参加すると、記念品がもらえる。16日まで。

 JALはボーイング777の後継機として、2019年からA350-900とA350-1000を合わせて最大56機導入。国内線用のA350-900を皮切りに長距離国際線などにも順次投入し、6年程度かけて777を置き換えていく。旧日本エアシステム(JAS)が合併前に運航していた退役済みのA300を除くと、JALがエアバス機を導入するのは初めて。

 会場となった国内線第1ターミナル2階の中央イベントスペースでは、JAL塗装のA350-900の50分の1スケール大型模型が展示され、A350のイメージビデオを放映。16日までの期間中、土曜と日曜は折り紙飛行機を使ったゲーム大会を開催し、平日は模型展示とビデオ放映のみとなる。

 ゲーム大会では、折り紙飛行機を的に向けて飛ばすと、A350の模型や特製ストラップ、クリアファイルなどの記念品が得点に応じてもらえる。参加者が紙飛行機を折ったり飛ばす際は、客室乗務員らボランティアのJAL社員が手伝っていた。

 記念品は、紙飛行機が100点の的をくぐり抜けると、JALロゴが入ったA350-900の400分の1スケール模型、その他の的をくぐるとJALとエアバスのロゴ入りストラップ、参加賞がクリアファイルとなっている。

 3日から16日までの期間中、模型展示とビデオ放映は午前9時から午後6時まで。土日のゲーム大会は1日2回で、第1回が午後2時から3時まで、第2回が午後4時から5時まで。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:9月3日(土)16時14分

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]