ここから本文です

川崎のトラストが中央勢撃破! 13年ぶりの地方馬V/札幌2歳S

netkeiba.com 9/3(土) 15:30配信

 3日、札幌競馬場で行われた札幌2歳S(2歳・GIII・芝1800m)は、先手を取った柴田大知騎手騎乗の5番人気トラスト(牡2、川崎・河津裕昭厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の10番人気ブラックオニキス(牝2、美浦・加藤和宏厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分49秒9(良)。

 さらにクビ差の3着に7番人気アドマイヤウイナー(牡2、栗東・須貝尚介厩舎)が入った。なお、3番人気インヴィクタ(牡2、栗東・友道康夫厩舎)は7着、1番人気タガノアシュラ(牡2、栗東・五十嵐忠男厩舎)は8着、2番人気ディープウォーリア(牡2、栗東・中竹和也厩舎)は10着に終わった。

 勝ったトラストは、父スクリーンヒーロー、母グローリサンディ、その父エイシンサンディという血統。中央初挑戦のクローバー賞では2着に敗れたが、ここで見事巻き返し、2003年のモエレエスポワール以来13年ぶりの地方馬による札幌2歳S制覇を果たした。

【勝ち馬プロフィール】
◆トラスト(牡2)
騎手:柴田大知
厩舎:川崎・河津裕昭
父:スクリーンヒーロー
母:グローリサンディ
母父:エイシンサンディ
馬主:岡田繁幸
生産者:中本牧場
通算成績:4戦3勝(重賞1勝)

最終更新:9/3(土) 20:51

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

なぜ今? 首相主導の働き方改革