ここから本文です

元キンコメ・高橋被告に求刑3年…「母の自殺」「いじめ」「父の借金肩代わり」背景明かす

スポーツ報知 9月3日(土)6時5分配信

 都内の高校から女子生徒の制服などを盗んだとして窃盗と建造物侵入罪に問われた元「キングオブコメディ」の高橋健一被告(45)の公判が2日、東京地裁で行われ、検察側は懲役3年を求刑した。

【写真】保釈時、報道陣に深々と頭を下げていた高橋健一被告

 黒のスーツに短髪姿の高橋被告は、事件を起こすきっかけについて、母が難病と父の女性問題を苦に97年に自殺したことを挙げた。その直後に最初の犯行として母校に忍び込んだといい「目を背けようとして現実逃避をしていた」とした。

 また「父の借金2600万円を肩代わりするなど問題を抱えていた」ことや、コンビ間の格差など公私にわたるストレスを抱えていたこと、「中学時代にいじめを受けて女の子からからかわれたりしたことで、制服に関する劣等感が強く生まれた」とも明かした。この日は高橋被告の妹、友人が証人として出廷。公判は結審し、判決は9日に言い渡される。

最終更新:9月3日(土)8時42分

スポーツ報知

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。