ここから本文です

〔道東道〕国道38号・274号の通行止めによる通行料金無料措置を実施

レスキューナウニュース 9月3日(土)1時45分配信

北海道開発局とNEXCO東日本は1日、一部区間で通行止めが続いている国道38号線・274号線の代替路として、道東自動車道の占冠IC~音更帯広IC間で通行料金の無料措置を実施すると発表しました。
今回の措置は、台風10号による土砂崩れなどの影響で通行止めとなっていた道東道・占冠IC~芽室IC間が、1日08:00から通行可能となったことによるもので、国道38号線・274号線の通行止めが解除されるまで実施されます。
なお、北海道の道央地方と道東地方を結ぶ国道38号線と国道274号線では、落橋などの大規模な被害が発生しており、長期にわたる通行止めが見込まれています。

■無料措置実施期間
・9月1日08:00から国道38号線・274号線の通行止め解除まで

■実施区間
・道東道:占冠IC~音更帯広IC
※上記区間を超えて通行する場合は対象外となり、全区間の通行料金が必要
※国道の通行止め解除の状況により、無料措置区間が変更となる場合あり

■対象車種
・全車種

レスキューナウ

最終更新:9月3日(土)1時45分

レスキューナウニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。