ここから本文です

「ファミコンソフトの貸し借り」で小学生は社会を学んでいた

ITmedia PC USER 9月3日(土)11時10分配信

●「ファミコンソフトの貸し借り」で小学生は社会を学んでいた

 なかなかファミコンを買ってもらえなかった僕ですが、ようやくファミコンを買ってもらえました。今度はディープな「ファミコンソフトの貸し借り」の世界に足を踏み入れていきます。

【漫画(全3ページ)】

 ファミコンソフトはたいへん高価な物。少ないお金でいろんなソフトを楽しみたい小学生にとって貸し借りは必須でした。

 高価なだけに貸し借りにはトラブルはつきものでしたね。「返して」って言えなくて気まずくなったり、逆に本気のケンカになったり。それでも仲直りしないと、遊ぶ人がいなくなっちゃいます。小学生の世界は狭い。

 不器用だったけど、あれで「信用」や「契約」なんていう概念を学んでいけていたのかな、なんて思います。

●ライター:斎藤充博

インターネットが大好きで、ウェブ記事を書くことがどうしてもやめられない指圧師です。「下北沢ふしぎ指圧」を運営中。

●連載:コンピュータ・メモリーズ

1982年生まれの筆者が、人生を通じて出会ってきたガジェットの超個人的な思い出をマンガで振り返ります。

最終更新:9月3日(土)11時10分

ITmedia PC USER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]