ここから本文です

ヤヤ・トゥーレ代理人、マンチェスター・シティ残留に不満なし

GOAL 9月3日(土)11時1分配信

マンチェスター・シティMFヤヤ・トゥーレは、残留という決断に不満がないようだ。

今夏からシティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、Y・トゥーレを重要な戦力とは考えていない様子だ。契約が残り1年となっている同選手は、今夏の移籍が話題になった。

しかし、移籍先が決まらないまま市場は閉鎖。Y・トゥーレはシティに残ることとなっている。

代理人を務めるディミトリ・セルク氏は、これが望んだ結果だと主張。ロシア『スポーツ・エクスプレス』でこのように話した。

「ヤヤは契約満了までチームにいられることに満足している。もちろん、移籍することもできた。だが、我々は残留すると決めたんだ」

「ヤヤは素晴らしいプロ意識を持っている。それは今までに示してきた。彼はプレミアリーグで2度優勝し、ワールドカップを除く世界的な大会でトップに立っている。彼の契約が残り1年だということは、誰もが理解しているね」

それでも、チャンピオンズリーグ(CL)の登録メンバーから外れたことは意外だったかもしれない。

「これはモダンな監督であるグアルディオラが決めたことだ。ヤヤはプロだ。ペップはヤヤの契約が残り1年であり、ほかの選手にチャンスを与えたいと考えたのだと思う。それは監督としてのビジョンだ。それが正しい決定かどうかは、将来分かることだね」

GOAL

最終更新:9月3日(土)11時1分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。