ここから本文です

元キンコメ高橋「制服愛の源流」告白 いじめ、母自殺...「同情の余地」あるか

J-CASTニュース 9月3日(土)16時45分配信

 元お笑いコンビ「キングオブコメディ」の高橋健一被告(45)が制服を盗むまでになった自らの過去を裁判で赤裸々に告白したことに、ネット上で様々な声が出ている。

 高橋被告は、20年にわたって女子高生らの制服などの盗みを繰り返していたとされ、分かっているだけで被害は25人分182件、総額77万相当に上っているという。14~15年に都内の4つの高校に侵入し、女子高生のブレザーなどを盗んだとして、窃盗と建造物侵入の罪に問われている。

■中学時代にいじめ、母親自殺で喪失感...

 スポーツ紙各紙の報道などによると、2016年9月2日の公判では、弁護側が冒頭陳述を行い、続いて被告人質問が行われた。

 それによると、高橋被告は、中学時代に女子生徒からいじめを受け、生身の女性に恐怖心を感じるまでになった。その後、自らの性欲が女性にではなく、制服に向かうようになったという。

 母親は難病を患っており、父親の浮気にも悩んで、1994年に自殺未遂を起こした。そして、97年に本当に母親が自殺してしまう。高橋被告は、なぜ助けられなかったのだろうと喪失感に襲われ、その直後に母校の高校で最初の犯行に及んだという。

 父親が借金をしていたことも重荷になり、13年にその借金2600万円を肩代わりした。さらに、相方だった今野浩喜さん(37)が俳優としても活躍するようになって、その格差にわだかまりを感じることが多くなったという。

 こうしたコンプレックスやストレスが重なり、そこから気を紛らわせるためもあって、犯行を止められなくなったと釈明した。

検察は、悪質で再犯性が高いと懲役3年求刑

 高橋健一被告の弁護側は、被害者25人のうち16人には計146万円を支払って示談が成立したことを明かした。また、15人からは寛大な処置を求める上申書が提出されたという。

 9月2日の公判では、弁護側の証人として、高橋被告の妹や高校時代の同級生が出廷して情状を訴え、弁護側は、高橋被告に対して執行猶予付きの判決を求めた。しかし、検察側は、犯行は悪質で再犯性が高いとして懲役3年を求刑した。裁判官も、制服好きが犯行に直結するわけではないとして、「なぜ罪を犯してしまったか、しっかり考えた方がいいんじゃないですか?」と問いかけたという。

 この日で高橋被告の裁判は結審し、判決は9日に言い渡される予定だ。

 ニュースのコメント欄では、高橋被告の告白について、様々な意見が書き込まれている。

 同情的な声としては、「頑張ってきて壊れたのはよくわかる」「負の連鎖をここからでいいから断ち切るようにがんばれ」「過ちを犯しても、やり直せない人生はない」といったものがあった。

 一方で、「最近の仕事や大昔いじめのせいにするのは無理がある」「何があっても犯罪をしていい理由にはならない」「芸人として復帰は難しいと思う」などと手厳しい意見も出ている。

最終更新:9月3日(土)19時4分

J-CASTニュース