ここから本文です

ウズベキスタン政府、カリモフ大統領死去公表

ロイター 9月3日(土)4時25分配信

[アルマトイ 2日 ロイター] - ウズベキスタン政府と議会は、カリモフ大統領が2日、死去したと公表した。78歳だった。

政府と議会は声明で、カリモフ氏について「真に偉大な」人物と称えた。故郷のサマルカンドで3日、イスラム教の伝統にのっとって埋葬されるという。

カリモフ氏は後継者を指名していない。ただ、ミルジヨエフ首相が葬儀委員長に指名され、同氏が少なくとも暫定的に大統領職に就く可能性も取りざたされる。

最終更新:9月3日(土)4時51分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。