ここから本文です

リスザル誕生、名前募集 ネオパークオキナワ

琉球新報 9月3日(土)5時0分配信

 【名護】名護自然動植物公園「ネオパークオキナワ」で8月23日、2年ぶりにコモンリスザルの赤ちゃんが誕生した。赤ちゃんは授乳時以外、母・てぃーちの背中に小さな体で懸命にしがみついて生活し、愛くるしい姿を見せている。愛称を9月1日から募集している。25日まで。来園者に応募用紙を配布する。選考の上、愛称を10月9日に発表する予定。
 コモンリスザルは南米産で、成体の体長は25~30センチ、体重700~千グラム。幼体は体長10センチ前後・体重100グラム前後。ネオパーク内の国際種保存研究センターで飼育中の個体は6頭目となる。父の名はよしお。赤ちゃんは兄セブンに続く第2子。約1年は母の背中で生活するという。
 飼育員の山下貴之さん(23)は「見に来て、かわいい名前を付けてほしい」と呼び掛けた。問い合わせはネオパークオキナワ(電話)0980(52)6348。

琉球新報社

最終更新:9月3日(土)5時0分

琉球新報