ここから本文です

iPhoneが充電できないときの対処法

ITmedia Mobile 9月3日(土)6時10分配信

 iPhoneを電源に接続しても画面に充電マークが表示されない場合、iPhone本体の故障以外に3つ原因が考えられます。

【画像】充電の不具合を直すには

 1つ目は、電源の不具合です。この場合、別の電源にiPhoneを接続し直すことで解決する可能性があります。

 2つ目は、充電に使用しているアクセサリーの不具合です。別のアクセサリーを試してみてください。

 最後は、iPhoneのバッテリー残量が極端に少ない状態にある場合です。この状態だと電源に接続しても数分ほどは画面が黒いままのことがあります。まずは、30分ほど充電して様子をみましょう。それでも充電されない場合、iPhoneを再起動してから、もう30分充電します。

 以上の操作を行っても充電されない場合は、Appleサポートに問い合わせましょう。

最終更新:9月3日(土)6時10分

ITmedia Mobile