ここから本文です

【F1 イタリアGP】初日フリー走行はハミルトンがトップ、フェラーリ、マクラーレンも好調

レスポンス 9月3日(土)11時0分配信

2016年のF1第14戦イタリアGPが2日、モンツァサーキットで開幕。初日のフリー走行はルイス・ハミルトン(メルセデス)がトップタイムを記録した。

[関連写真]

シリーズ屈指の高速サーキットとして知られるモンツァ。今回も初日からメルセデスが好調。午前中のフリー走行1回目ではニコ・ロズベルグ(メルセデス)がトップタイムを記録したが、午後の2回目ではわずかながらハミルトンが逆転。1分22秒801のベストタイムで初日を終えた。2番手にはロズベルグが続きメルセデスがトップ2を独占した。

3番手にはセバスチャン・ベッテル、4番手にキミ・ライコネンとフェラーリ勢が続いた。ここ数戦はレッドブル勢の先行を許していたが地元モンツァでのレースということもあり、初日から好パフォーマンスを披露。メルセデス勢にせまるタイムを記録している。

マクラーレン・ホンダ勢はフェルナンド・アロンソが7番手、ジェンソン・バトンが10番手につけた。昨年までは高速サーキットを不得意としていたが初日から好位置につけ、今回も上位進出が期待できそうだ。


2016F1イタリアGPフリー走行2回目結果
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分22秒801
2.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)1分22秒994
3.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)1分23秒254
4.キミ・ライコネン(フェラーリ)1分23秒427
5.マックス・フェルスタッペン(レッドブル)1分23秒732
6.ダニエル・リチャルド(レッドブル)1分24秒003
7.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)1分24秒259
8.バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)1分24秒299
9.ロマン・グロージャン(ハース)1分24秒516
10.ジェンソン・バトン(マクラーレン)1分24秒549

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:9月3日(土)11時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]