ここから本文です

【巨人】クルーズ、来日3年連続10号!移籍後初の4打点

スポーツ報知 9月3日(土)6時5分配信

◆巨人7―8中日(2日・東京ドーム)

 豪快な一発で、反撃ののろしを上げた。クルーズの打球は勢いよく伸び、ライトスタンドに飛び込んだ。「1試合に2、3回は強い打球を打ちたいと思っていた」。3点ビハインドの8回無死二塁から、福谷の高めに浮いてきた152キロのストレートを捉えて10号2ラン。14、15年のロッテ時代から来日後3年連続となる2ケタアーチで1点差に詰め寄った。

 2点を追う2回1死二、三塁では左翼へ2点適時二塁打。ジョーダンの低めのチェンジアップを拾う技ありのタイムリーで一時、試合を振り出しに戻した。「最近、チャンスで打点を挙げられていなかったので、いつも以上に集中して打席に入った。打つべきボールをしっかりと打ち返すことができた」。巨人移籍後初となる4打点。8月31日のヤクルト戦(富山)では一、二塁間の挟殺プレーで失点につながるミスがあったが、汚名返上の大当たりだった。

最終更新:9月3日(土)7時51分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。