ここから本文です

小堺一機「黄金列伝」で芸能生活を回想、ごきげんよう終了時の心境も告白

お笑いナタリー 9月3日(土)11時30分配信

明日9月4日(日)放送の「八方・陣内・方正の黄金列伝!」(読売テレビ)に小堺一機がゲスト出演する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

番組では、小堺が素人参加番組でチャンピオンに輝きデビューしてから現在に至るまでの歴史を振り返ることに。また彼は新人時代に洗礼を受けた人物として勝新太郎、堺正章、萩本欽一の3人を挙げ、それぞれのエピソードを語っていく。

小堺は萩本のバラエティ番組「欽ちゃんのどこまでやるの!?」に初出演したときのことも回想。訪問販売員役として8時間に及ぶ入念なリハーサルを行って本番に臨んだところ、萩本は台本を完全に無視したやり取りを始めたのだという。頭が真っ白になり、極度の緊張で大失態を演じてしまった小堺は舞台裏で号泣。そんな彼に萩本は思いもよらない言葉をかけていた。

そのほか、今年3月に終了した「ごきげんよう」(フジテレビ)の話題も。ここでは番組が終わることを告げられたときの心境を小堺が激白する。

八方・陣内・方正の黄金列伝!
読売テレビ 2016年9月4日(日)16:30~17:30
<出演者>
MC:陣内智則 / 月亭八方 / 月亭方正
ゲスト:小堺一機

最終更新:9月3日(土)11時30分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。