ここから本文です

日本ハム、守乱で自力V消滅 栗山監督「目いっぱいいくしかない」

デイリースポーツ 9月3日(土)6時2分配信

 「オリックス5-2日本ハム」(2日、ほっともっとフィールド神戸)

 優勝への重圧に押しつぶされたのか、日本ハムは守備のほころびが致命傷となり逆転負けを許した。ソフトバンクが勝利し自力優勝が消滅。栗山監督は「マジックは関係ない。いつかはつくもの。そういうことじゃなくて、自分たちの野球をやればいい」と険しい表情で巻き返しを誓った。

 し烈な優勝争いの中で、まさかの3失策だ。2点リードの七回。1点を返されなおも1死満塁。T-岡田の二ゴロを田中賢がお手玉。五回にも失策を記録していたゴールデングラブ賞5度のベテランが再びミスを犯し、同点に追い付かれた。「申し訳ない。迷惑をかけている」と名手は猛省。続く中島に勝ち越し左前打を浴び、ベンチは静まり返った。

 負の連鎖は続いた。八回2死満塁で、レアードがT-岡田の三邪飛を落球。直後に右前適時打を許す悪循環でダメ押しとなる2点を許した。

 ここにきて息切れ気味だ。8月25日に今季初の首位浮上も、直近2カードは負け越し。練習時間を短縮するなど疲労軽減の手を打っているが、下位に沈むオリックスにも痛い敗戦だ。「疲れているのは分かるけど、目いっぱいいくしかない」と栗山監督。初のマジック点灯を許したが、まだ1・5差。残り21試合、諦めずに全力を振り絞る。

最終更新:9月3日(土)8時12分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]