ここから本文です

前野朋哉「エミアビ」共演の山地まりにデレデレ「大好きでした」

映画.com 9月3日(土)15時0分配信

 [映画.com ニュース] 渡辺謙作監督が約8年ぶりにメガホンをとった映画「エミアビのはじまりとはじまり」が9月3日、全国4スクリーンで公開初日を迎え、ダブル主演の森岡龍と前野朋哉をはじめ、共演の新井浩文、山地まり、渡辺監督が東京・ヒューマントラストシネマ渋谷での舞台挨拶に出席した。

【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら

 テレビドラマ「天皇の料理番」などで知られる森岡と、auのCMで一寸法師役を演じ注目を集めた前野が漫才コンビ役に初挑戦。人気急上昇中の漫才コンビ「エミアビ」の海野(前野)が自動車事故で他界してしまい、遺された相方・実道(森岡)が喪失を抱えながらも新たな一歩を踏み出す姿を描いた。前野が「森岡くんがやっぱりお笑いのプロなので、心強く乗っかった」と話せば、森岡は「違うわ! 高校生の時に趣味でやっていたくらいだよ」とツッコミを入れ、劇中さながらの掛け合いを繰り広げた。

 一方で、前野と山地は劇中で恋人という設定のため、山地は「前野さんをどうにか好きになろうと、顔のドアップを携帯電話の待ち受けにしたり、努力しました」と告白。これを受け、前野は「すごく真に受けて、本当に好きになられちゃったらどうしようと思っていた」と顔を綻ばせる。しかし「でも、そんなにうまくいかないですね」と肩を落とすと、山地は「(撮影時は)好きになっていました!」とフォロー。前野は「それだけでありがたいです、僕も大好きでした」とデレデレの様子で頭を下げた。

 また、渡辺監督とは「ラブドガン」(2004)以来のタッグとなった新井は、「渡辺監督は、絶対引き受ける監督のひとり。脚本も読まずにオファーを受けています」と振り返る。渡辺監督から「ほかに誰がいるの?」と聞かれ、「大森立嗣さん、山下敦弘さん、熊切和嘉さん、大根仁さんとか。逆に言えば、絶対やらない監督もいますからね。誰かは言えません。マスコミの皆さんがいる前で言うと、すぐ書かれちゃうからね!」と語り、客席を喜ばせていた。

 さらに新井は、共演の多い森岡に対し「まあ愛嬌あってすごく可愛らしい。でも調子がいいというか、適当なんですよ。『先輩怖い』と普段言っていますが、この前、酔っ払って、うちの肩にもたれかかって寝ていた。うちのこと舐めているなと思った(笑)」とバッサリ。続けて「役のなかで、うちが森岡を追い詰めていますが、正直森岡が芝居ができなくて。貯金箱を投げつけるシーンは、CGの貯金箱の予定が、本物を投げています。本番で思いっきり投げつけたら『うわ~!』って逃げていって、それがすげえ面白かった。それを最初からやってくれればいいのに、切羽詰まるまで本気出さないの?」と問い詰めると、森岡は「手を抜いているとかではなく、自分の脚本の理解力が……」とタジタジだった。

最終更新:9月3日(土)15時0分

映画.com