ここから本文です

高畑淳子は熱心に草むしりも…建設中「2億円豪邸」売却か

日刊ゲンダイDIGITAL 9月3日(土)9時26分配信

 息子・裕太容疑者(22)の強姦致傷事件でボロボロの高畑淳子(61)。裕太容疑者の違約金は5億円といわれる。

 注目されているのが、いま渋谷区代々木に建設中の3階建ての豪邸だ。約40坪の土地は推定1億2000万円以上。登記簿によると、高畑が昨年5月に取得し、今年6月に6000万円の抵当権が設定された。「土地を現金で買い、6000万円で上物を建てるのでしょう」(不動産関係者)というが、違約金のために売却するという見方が濃厚だ。

 近隣住民は日刊ゲンダイの取材にこう話してくれた。

「もともと、この土地には築40年の2階家がありました。昨年夏、草ぼうぼうのため近所の人が管理会社に電話したんです。すると、すぐに1人の女性が帽子と長い手袋をして草むしりに来た。3日ほどできれいにし、息子さんらしき男性も手伝いに来たんです。この春、その女性が“解体工事が始まるのでよろしくお願いします”と近所をあいさつに回った。それが高畑さんだったのです」

 事件が発覚した23日以降も工事は続き、1日は作業員が3人ほどだったが、いつもは5、6人が作業している。あいさつを受けた人は「上品な女性なので引っ越してくるのを楽しみにしていた。売却するとしたら残念です」と言う。

 高畑はこのほか渋谷区に2億円以上の、練馬区に3500万円以上の物件を所有している。代々木の物件は2億円以上といわれるが、やはり売り払うことになるのか。

最終更新:9月3日(土)9時26分

日刊ゲンダイDIGITAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。