ここから本文です

都道府県別「平均年収ランキング」東京は500万円より上か下か?

ZUU online 9/3(土) 9:10配信

アベノミクスで賃上げ、などと聞いてもあまり給与が上がった実感がない、という人も少なく無いだろう。実際、周囲は昇給しているのかなど、気になっても聞きづらい話だ。

厚生労働省の2015年賃金構造基本統計調査によれば、月額賃金の全国平均は、30万4000円。これを単純に12倍してみると、364万8000円という数字になる。仮に年間の賞与が3カ月分だとすれば、年収額は15倍の456万円と推定されることになる。

■大都市圏は30万円超え

この調査で「賃金」というのは、6月分として支給された現金給与額のうち、時間外勤務手当や深夜勤務手当、休日出勤手当、宿日直手当、交替手当などの「超過労働給与額」にあたるものを差し引いた額、を意味している。調査自体は2015年7月に行われたもので、各自治体の労働局や労働基準監督署の職員、統計調査員が対象事業所に調査票を使って調査している。

都道府県別に見た月額賃金のトップ10は、次の通りだ。()内は月額賃金を単純に15倍した、「推定年収」である。

1位   東京     38万3000円   (574万5000円)
2位   神奈川    33万5100円   (502万6500円)
3位   大阪     32万7100円   (490万6500円)
4位   愛知     31万5200円   (472万8000円)
5位   京都     30万8800円   (463万2000円)
6位   千葉     30万6000円   (459万円)
7位   埼玉     30万4400円   (456万6000円)
8位   茨城     29万8900円   (448万3500円)
9位   兵庫     29万8800円   (448万2000円)
10位   滋賀     29万2700円   (439万500円)

東京の推定平均年収は570万円強と、全国平均よりも200万円近く高いという結果になった。

■滋賀県の年収が高い理由

トップ10のメンバーを見ると、やはり首都圏をはじめ、大都市の経済圏に入る府県が高収入であることが分かる。その中で特記すべきは、10位に滋賀県がランクされていることだろう。同県は京都府と隣接しているとはいえ、大阪を中心とした関西経済圏からは、外れた場所に位置している。

にもかかわらず、月額賃金が29万7000円、推定年収が439万500円と、8位の茨城や9位の兵庫に迫る数字になっているのだ。

東京・大阪に対して、近隣府県は経済圏に含まれる一方で、ベッドタウンの役割も果たしている。東京であれば神奈川・千葉・埼玉、大阪であれば京都・兵庫だろう。大企業に勤務する人が多く暮らしていることも、上位にランキングされる要因だ。

■本社を滋賀県に置く東証上場企業

「経済圏に含まれ、さらにベッドタウンである」という要素からすると、滋賀県は経済圏からは若干離れているが、JR各線と京阪電鉄が通っているため、通勤しやすい地域なのだ。加えて、滋賀県内には上場企業6社の本社がある。

金型設計のメタルアート <5644> は、自動車用の鋳造品をダイハツやトヨタ <7203> に納入している。同社の常温での鋳造によって精度の高い製品を造る技術は、世界的にも高い評価を得ている。

また、遺伝子研究用の試薬や理化学機器を販売しているタカラバイオ <4974> は、バイオ技術によるキノコ生産・販売も事業展開している。

主として韓国や台湾の液晶パネルメーカー向けに、薄型パネル用ガラスを提供している日本電子硝子 <5214> は、自動車用のガラスファイバー分野にも積極的だ。

エレベーターなどの昇降機を専業に、国内4位のフジテック <6406> は、米国やアジアなどに多くの生産拠点を展開している。

オプテックス <6914> は、屋内外の防犯関係や自動ドア用センサー、工場向けなどの産業用センサーで業界トップクラスだし、滋賀県では圧倒的なシェアのスーパー平和堂 <8276> は、東海や北陸に出店しているほか、中国にも百貨店を進出させている。

■ワーストは青森の23万5600円

以上とは逆に、月額賃金が低かった「ワースト10」には、青森以下次のような各県が並ぶ。

47位   青森     23万5600円   (353万4000円)
46位   秋田     23万5800円   (353万7000円)
45位   岩手     23万5900円   (353万8500円)
44位   沖縄     23万7200円   (355万8000円)
43位   宮崎     23万8100円   (357万1500円)
42位   鳥取     24万500円    (360万7500円)
41位   山形     24万1400円   (362万1000円)
40位   佐賀     24万7100円   (370万6500円)
39位   長崎     25万700円    (376万500円)
38位   島根     25万2500円   (378万7500円)

最下位になった青森県は全国平均よりも10万円程下回る結果である。県民所得、一人当たり県民所得の低い都道府県ではワースト5に入らないが、賃金となると事情が違うようだ。アベノミクスは地方創生なども掲げているが、これだけの格差をいかに是正していくのか、道程は長いままであるようだ。(ZUU online編集部)

最終更新:9/3(土) 9:10

ZUU online

チャート

メタルアート5644
246円、前日比+4円 - 12/9(金) 14:55

チャート

トヨタ自動車7203
7003円、前日比+19円 - 12/9(金) 15:00

チャート

タカラバイオ4974
1400円、前日比+13円 - 12/9(金) 15:00

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。