ここから本文です

“一寸法師”役で人気の前野朋哉、共演女優と相思相愛?「好きでした」「僕も大好き!」

cinemacafe.net 9月3日(土)17時45分配信

『舟を編む』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞した渡辺謙作が監督を務めた『エミアビのはじまりとはじまり』の初日舞台挨拶が9月3日(土)、都内で行われ、渡辺監督をはじめ、森岡龍、前野朋哉、新井浩文、山地まりが出席した。

【画像】共演した女優山地まり

突然相方を亡くした漫才師と残された人々の再生を、ユーモアを交えて描く本作。漫才コンビ「エミアビ」の海野(前野さん)が同乗者の雛子(山地さん)とともに自動車事故で急死。相方の実道(森岡さん)はマネージャーの夏海と雛子の兄である黒沢(新井さん)に訪ねる。「エミアビ」にとって、元お笑い芸人の黒沢は先輩であり、恩人だった。

高校時代に漫才をやっていたという森岡さんは「腕が鳴りました。しっかり漫才を仕上げようと思った」とプロ顔負けの意気込み。“パイセン”役の新井さんは「愛きょうがあって魅力的だけど、テキトーで調子がいい。酔っぱらって、わしの肩にもたれかかることもあって『ナメられてるんだな』と思った」と森岡さんのお茶目な素顔を明かした。

一方、前野さんと山地さんは劇中で恋人役を演じており、「好きになる努力? しました。どうにか好きになろうと、前野さんのアップを携帯の待ち受けにしていた」と山地さん。この発言に対し、前野さんは「僕もそれを感じていたので、本当に好きになられたら、どうしようと思った」のだとか。「好きでした」(山地さん)、「僕も大好きです!」(前野さん)と相思相愛ぶりを披露していた。

『エミアビのはじまりとはじまり』はヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開中。

最終更新:9月3日(土)17時45分

cinemacafe.net