ここから本文です

『君の名は。』勢い止まらず!公開8日間で動員212万人&興収27億円突破

cinemacafe.net 9月3日(土)18時0分配信

長編アニメ『君の名は。』のヒット御礼舞台挨拶が9月3日(土)、都内で行われ、新海誠監督、神木隆之介、上白石萌音、サプライズゲストとして主題歌と劇中の音楽を手がけた人気ロックバンド「RADWIMPS」(野田洋次郎、桑原彰、武田祐介)が登壇した。

【写真】神木隆之介/『君の名は。』ヒット御礼舞台挨拶

8月26日に全国301スクリーンで封切られ、公開8日間で動員212万7,800人、興収27億1,200万円の“特大ヒット”を記録中。神木さんは「本当に幸せなこと。感無量です」と満面の笑みを浮かべ、上白石さんも「幸せに満たされている」と夢見心地。ヒットを示す数字を耳にした新海監督は、「本当ですか? ピンとこないし、実感はゼロ」と恐縮しつつ、「ひたすらありがたい」と感謝を伝えた。

音楽に話題が及ぶと「出来あがった映像に音楽をつけてもらったのではなく、一緒に作っていた感覚。音楽によって映像が変わったシーンもあるし、作品の背骨を作ってもらった気がする」と新海監督。そこに観客はもちろん、登壇者にもシークレットだった「RADWIMPS」が登場すると、会場は大歓声に包まれ「マジっすかあ!」(神木さん)、「本当に本物ですか?」(上白石さん)と大喜びだった。

さらに野田さんがアコースティックギター1本で主題歌「前前前世」、上白石さんと一緒に劇中歌「なんでもないや」を生披露。その様子を客席で見守った神木さんは「今後見られないものを見てしまった」と感激し、ステージを終えた上白石さんは「18年生きてきて、一番の幸せ。一生の宝物です」と瞳をうるませた。また、新海監督も「完成までの2年間のごほうびを、皆さんと共有できて幸せです」と喜びを噛みしめていた。

山深い田舎町に暮らす女子高校生の三葉と、東京で暮らす男子高校生の瀧が、夢の中で“入れ替わり”互いが生きる世界を通して、次第に惹かれあう。遠く離れた2人が夢の中で出会う意味とは? 時空を超えた少年少女の冒険が始まる。

『君の名は。』は全国にて公開中。

最終更新:9月3日(土)18時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。