ここから本文です

マテュイディ、パリ・サンジェルマン残留にがっかり?代理人ライオラ「全員が驚かされた」

GOAL 9月3日(土)15時49分配信

パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディはユヴェントス移籍が実現しなかったことに失望しているようだ。イタリア『プレミアム・スポーツ』が報じている。

マテュイディの代理人を務めるのは、今夏多くのビッグディールを実現させたミーノ・ライオラ氏だ。ズラタン・イブラヒモビッチやポール・ポグバと同じようにライオラ氏はマテュイディをビッグクラブへ送り込もうとしたが、パリ・サンジェルマンが最終的に売りたがらなかったと話している。

「マテュイディは残留することになってがっかりしていたよ。今はクラブと話し合っているところだ。クラブが交渉から撤退したことに全員が驚かされたからね」

パリ・サンジェルマンの会長やウナイ・エメリ監督がマテュイディの残留を望んだことで、ユヴェントス移籍が立ち消えになったとみられている。

GOAL

最終更新:9月3日(土)15時49分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報