ここから本文です

北朝鮮核問題でプーチン氏との連携強化へ=朴大統領

聯合ニュース 9月3日(土)18時44分配信

【ウラジオストク聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は3日、ロシア・ウラジオストクでプーチン大統領と会談した後に共同記者会見を行い、「北の核問題解決のためプーチン大統領と戦略的な疎通をさらに強化することにした」と述べた。

 朴大統領は「東方経済フォーラム」への出席を機に開かれた今回の韓ロ首脳会談について、「北の核問題をめぐり、両国がパートナーであることを確認する場だった」と説明。「韓ロ協力をさらに拡大していくためには地域の大きな安保脅威となっている北の核とミサイル問題を速やかに解消することが重要だ」と強調した。

 また、「高度化している北の核とSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)など弾道ミサイルはわずか数分の射程にあるわれわれにとっては死活問題だ」と述べた。

 ロシアが反対している米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍への配備問題については言及しなかったが、配備の必要性を説明し、プーチン大統領の理解を求めた。

 朴大統領は「こうした状況で国と国民を守るため、必要なすべての措置を講じるしかない」と述べ、THAADの配備は自衛的な措置との立場をあらためて力説した。

 朴大統領とプーチン大統領が会談を行うのは4回目で、昨年11月以来となる。

最終更新:9月3日(土)18時50分

聯合ニュース