ここから本文です

Y・トゥーレ、またもCL登録メンバーから外れる やはりペップの構想外か

ISM 9月3日(土)14時46分配信

 UEFA(欧州サッカー連盟)は現地時間2日(以下現地時間)、13日から始まるチャンピオンズリーグ(以下CL)グループリーグを前に、出場チームの登録メンバーを公式HP上に公開。マンチェスターC(イングランド)ではMFヤヤ・トゥーレが外れ、ペップ・グアルディオラ監督の構想外である可能性が高まっている。

 プレミアリーグはすでに開幕から3試合を消化しているが、Y・トゥーレはこれまで1度もメンバーに選出されず、8月に行なわれたCL予選プレーオフ・ファーストレグでもメンバー外となっていた。しかし、グアルディオラ監督はセカンドレグにはY・トゥーレを招集。同選手はフル出場を果たしていた。

 しかし、マンCがCLグループリーグを戦うにあたってUEFAに提出したリストには、Y・トゥーレの名が含まれず。UEFAはグループリーグの選手登録について「最大25選手、GK2人以上、地元育成選手8枠」と規定しており、地元育成選手が8人未満の場合はその人数に応じて最大登録選手の数を減らすと定めている。

 なお、地元育成選手とは「15歳から21歳までの間に、当該クラブに3年以上在籍している選手」あるいは「別のクラブであっても、15歳から21歳までの間に同一サッカー協会が統括するクラブに3年以上在籍した選手」を指す。

 マンCの場合は、先ごろGKジョー・ハートがトリノ(イタリア)へ期限付きし、初の国外リーグへ。このため上記の条件を満たせなくなり、最大登録選手は21人となっている。

 英『スカイスポーツ・ニュース』によれば、グアルディオラ監督はY・トゥーレを予選プレーオフのファーストレグから除外した際、同選手にはもっとトレーニングが必要とのコメントをしていた。Y・トゥーレの代理人は同選手がこのままマンCでポジション獲得のため頑張りたいと語ったと述べているが、CLグループリーグに臨むメンバーからも漏れ、厳しい状況が続いている。

最終更新:9月3日(土)14時46分

ISM