ここから本文です

【WTCC 日本ラウンド】ロペスが他を圧倒する貫禄の走りで今季6回目のポールポジションを獲得

レスポンス 9月3日(土)20時39分配信

2016年のWTCC第9戦JVCKENWOOD Race of Japanが3日、ツインリンクもてぎで開幕。公式予選はホセ・マリア・ロペスが今季6回目となるポールポジションを獲得した。

[関連写真]

気温30度、路面温度は54度と9月にもかかわらず真夏日のようなコンディションで予選がスタート。まずQ1でロペスはいきなり1分56秒759をマーク。チームメイトでチャンピオン争いではライバルでもあるイヴァン・ミューラーに0.3秒の差をつけ、トップ通過。続くQ1でもトップタイムを記録した。そして上位5人が1台ずつアタックをして最終グリッドを決めるQ3では、それまでトップのミューラーに対しセクター1でいきなり0.3秒更新。その後も順調に差を広げていき、最終的には0.8秒差をつける1分55秒602をマーク。今季6回目、通算20回目となるメインレースのポールポジションを獲得した。

なお、これで5ポイントを追加し、明日のレース結果次第では早くも3年連続でのドライバーズチャンピオンが決定することになる。

2番手にはチームメイトのミューラー、3番手には同じシトロエン勢のメディ・ベナーニが続きシトロエン勢がトップ3を独占。地元レースでなんとか好結果を残したいホンダ勢だったが、Q3に進出したのはティアゴ・モンテイロのみで、最後もタイムを伸ばしきれず4番手。トップから1秒の差をつけられてしまった。

また昨年までレース1として開催されていた「オープニングレース」は予選Q2のトップ10がリバースグリッドとなり、ノルベルト・ミケリス(ホンダ)がポールポジション、ロブ・ハフ(ホンダ)が2番手からスタートする。

今回、スポット参戦を果たし3年ぶりのレースとなる道上龍は、Q1からチェッカーフラッグが振られるまでアタックを繰り返したが1分57秒971で15番手。惜しくもQ2進出を果たすことはできず、明日は両レースとも後方から巻き返しを狙う。

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:9月3日(土)23時25分

レスポンス