ここから本文です

なんて読む? 日本の珍地名「安食卜杭」

ITmedia LifeStyle 9月3日(土)6時10分配信

 所在地は千葉県印西市。東洋経済新聞社の「住みよさランキング2016」の1位に輝いた千葉県印西市ですが、その中に安食卜杭があります。「あんしょく……?」どう見ても読みづらいこの地名ですが、「あじきぼっくい」と読みます。人口は約300人程の小さな地域です。

【正解はこう読みます】

 「卜」はボク、ウラナウと読み、当時の豊凶を占ったり、その地域の平和や豊作を祈る杭を建て「卜杭野」と呼ばれていたようです。これが地名につながったといわれています。さらにこの地域は印旛沼に面しており、悪霊、病魔、幸せが出入りする村界ともいわれていたようです。

 千葉県ながら緑が多く、都心へのアクセスもいいということで、今後開発が期待される地域です。今後の安食卜杭に注目です。

最終更新:9月3日(土)6時10分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]