ここから本文です

色鮮やかな絵画など50点 伊東・池田20世紀美術館

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月3日(土)8時38分配信

 伊東市の池田20世紀美術館で10月4日まで、ベルギー・ブリュッセル生まれの画家パトリック・ジェロラさんの作品展「色彩が光と音を奏でる魔術師」(静岡新聞社・静岡放送など後援)が開かれている。フレスコ画法で仕上げた色鮮やかな絵画や立体造形など計約50点が並び、来場者の目を楽しませている。

 同展は1866年に外交関係を築いた日本とベルギーの友好150周年を記念して開かれた。

 フレスコ画は純粋な顔料に少量の樹脂を混ぜるなどしたオリジナル絵の具を使って制作する。故郷ベルギーの自然のほか、富士山など日本の風景を独創的な色合いで描いた作品が並ぶ。ブリュッセルのシンボルである小便小僧を表現した高さ2・2メートルの立体造形も展示されている。

 入館料は一般千円、高校生700円、小中学生500円。水曜休館。

静岡新聞社

最終更新:9月3日(土)8時38分

@S[アットエス] by 静岡新聞