ここから本文です

F1競技委員長チャーリー・ホワイティングが職探し?

TopNews 9月3日(土)20時17分配信

FIA(国際自動車連盟)のF1競技委員長チャーリー・ホワイティングが、F1チームでの仕事を探しているという。

64歳のホワイティングは、F1最高責任者のバーニー・エクレストンが当時率いていたブラバムでチーフメカニックやチーフエンジニアを務め、その後、1988年にFIAに移ってF1の技術部門責任者に就任。1997年からは競技委員長も兼任して、長年、現場でF1を取り仕切ってきた。

そのホワイティングが、F1第13戦ベルギーGPで複数のチーム首脳陣と会談し、FIAを辞職する考えを伝えて、チームでの仕事を提案していたとドイツの『Auto Bild(アウト・ビルト)』が報じている。

あるチーム関係者は、「ホワイティングを雇うことは戦争の火種にしかならない」と話している。ホワイティングは技術責任者として全チームのF1マシンを知り尽くしているからだ。

■FIAとの契約が今年で切れるホワイティング

『Auto Bild(アウト・ビルト)』によると、ホワイティングは1996年に、ベネトンを率いていたフラビオ・ブリアトーレからオファーを受けたものの、これに気付いたマクラーレンの当時のチーム代表ロン・デニスが、その場合はF1から撤退すると抗議したという。

問題を回避するため、当時のFIA会長マックス・モズレーとエクレストンが見つけた解決策が、ホワイティングにF1の競技委員長も兼任させ、報酬を上げることだった。

この契約は2016年で切れるが、ホワイティングと折り合いが悪い現FIA会長ジャン・トッドは、同じ条件での契約延長を望んでいないと『Auto Bild(アウト・ビルト)』は伝えている。

最終更新:9月3日(土)20時17分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]