ここから本文です

心を静めて「無欲で」 鈴木愛の雪辱なるか

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9月3日(土)19時47分配信

先週の悔しさを晴らせるか―。国内女子ツアー「ゴルフ5レディス」2日目、鈴木愛が通算9アンダーとして首位タイに立った。3位から出ると「68」(パー72)と伸ばした。同じく首位タイで迎えながら4位に終わった前週「ニトリレディス」でのミスを反省。同じ失敗は繰り返さない。

今年は美唄が舞台!「ゴルフ5レディス」フォトギャラリー

「先週悔しい思いをしたので、絶対に最終組に入りたかった。久々のガッツポーズです!」17番で2.5mを流し込むと、力いっぱいに拳を握った。同組の穴井詩、申ジエ(韓国)が先にバーディを獲りリードを許した。さらに後方のイ・ボミ(韓国)もスコアを伸ばし、執着した最終組に入るには必須のパットだった。

前週は首位でバックナインに入りながら崩れた。「勝てると思っちゃった。欲が強すぎた。来週には『日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯』も控えているので、今週は欲を出さずにプレーして優勝に近づければと思います」。無欲を誓った。

自身のプレーを録画で確認することも、しばしあるという。普段はないが、ゴルフになると「アクションが大きい気がする」と苦笑い。この日もバーディチャンスを外すと、自然と反応した。あすも、心は静かに、動きは大きくプレーする。(北海道美唄市/林洋平)

最終更新:9月4日(日)6時21分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)