ここから本文です

ひらかたパークで「リアル脱出ゲーム」 夜の遊園地の雰囲気楽しんで /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 9月3日(土)17時25分配信

 ひらかたパーク(枚方市枚方公園町、072-844-3475)で現在、リアル脱出ゲーム「夜の魔王城からの脱出」を開催している。(枚方経済新聞)

謎に挑戦

 「リアル脱出ゲーム」は、SCRAP(東京都渋谷区)が手掛ける体験型イベント。参加者は会場にちりばめられたヒントを手掛かりに謎を解きながら、指定エリアからの脱出を図る。マンションの1室や廃校、廃病院、東京ドームなど、さまざまな場所で行われている。

 閉園後のひらかたパークを貸し切って行う「夜の遊園地からの脱出」の舞台は、「魔王城」と化した遊園地。「魔王が完全復活」するまでの1時間に、園内に仕掛けられた謎や暗号を解き明かし、脱出を目指す。

 SCRAP広報担当者の東野奈緒さんは「最大の見どころは、閉園後の遊園地の雰囲気。今回はRPGの要素も加わり、より雰囲気のある『魔王城』を用意した」と話す。

 開催日は9月2日~4日、9月10日・11日、9月16日~19日。開催時間は、金曜=19時~21時。土曜・日曜・祝日=19時30分~21時30分。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月3日(土)17時25分

みんなの経済新聞ネットワーク