ここから本文です

米国がミャンマー制裁の追加緩和検討、スー・チー氏訪米に合わせ

ロイター 9月3日(土)9時57分配信

[ワシントン/ヤンゴン 2日 ロイター] - ミャンマーで実質的に政権を主導するアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が今月訪米するのに合わせ、米国が同国に対する制裁の追加緩和や解除を検討していることが、米当局者の話で分かった。

スー・チー氏は9月14━15日にワシントンを訪れ、オバマ大統領やバイデン副大統領、議員や経済界幹部と会談する予定。スー・チー氏の米国訪問は、同氏が率いる国民民主連盟(NLD)が昨年11月の選挙で圧勝して以来初めて。

NLDの勝利を受けて、オバマ政権は制裁の一部緩和。この歴史的な決定はオバマ氏の政治的な遺産の1つとされる。

オバマ大統領は、スー・チー氏がどこまでミャンマー軍部への圧力を弱めたいかを同氏と米政府が協議するのを受けて、緩和の程度を決める見通しという。

スー・チー氏は軟禁下に置かれていた頃、軍事政権への圧力を強めるため、西側諸国に対ミャンマー制裁を促していた経緯がある。

複数の米当局者によると、オバマ氏側近のローズ大統領副補佐官は今週、議会スタッフに対し、オバマ氏が対ミャンマー制裁の追加緩和や解除を検討していると伝えた。

ホワイトハウスはコメントを控えた。

最終更新:9月3日(土)9時57分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。