ここから本文です

【P3速報】地元フェラーリを引き離すメルセデスAMG マクラーレン・ホンダはトップ10ならず/F1イタリアGP

TopNews 9月3日(土)20時23分配信

2016年F1第14戦イタリアGPが9月3日(土)、モンツァ・サーキット(全長5.793km)で2日目を迎え、現地時間11時(日本時間18時)から行われたフリー走行3回目でメルセデスAMGのルイス・ハミルトンがトップに立った。

予選前最後のセッションでもメルセデスAMG勢がライバル勢を寄せ付けない速さを見せる。特に、昨日のフリー2でトップだったハミルトンが好調を維持し、チームメートのニコ・ロズベルグにコンマ4秒ほどの差をつけるトップタイムをマーク。2セッション連続でトップの位置をキープした。

3番手にはホームレースを迎えたフェラーリのセバスチャン・ベッテルが続くも、トップのハミルトンからは1秒近い差をつけられている。4番手には同じフェラーリのキミ・ライコネンが続き、5番手6番手にはメルセデス製パワーユニットを搭載するウィリアムズのバルテリ・ボッタスとフェリペ・マッサが続く展開となった。

7番手にダニエル・リカルド、8番手にマックス・フェルスタッペンのレッドブル勢が続き、9番手にフォース・インディアのセルジオ・ペレス、10番手にはフェラーリ製パワーユニットを積むハースのエステバン・グティエレスが入った。

マクラーレン・ホンダ勢は、ジェンソン・バトンがトータル11周を消化して12番手、フェルナンド・アロンソは12周を消化し、順位は17番手と、いずれもトップ10には手が届かなかった。

F1イタリアGP予選は、このあと日本時間21時から始まる。

最終更新:9月3日(土)23時34分

TopNews