ここから本文です

中村橋之助「TSUKIJI WONDERLAND」観賞後に芝翫襲名披露のススメ「ぜひ歌舞伎座にも」

映画.com 9月3日(土)20時0分配信

 [映画.com ニュース] 10月に八代目中村芝翫を襲名する中村橋之助が9月3日、ドキュメンタリー映画「TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)」の東京・丸の内ピカデリー2で行われたプレミア試写会でトークショーにゲスト出演した。

【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら

 襲名披露興行まで1カ月を切り、「舞台で橋之助です、と挨拶するのは今日が最後かもしれない」としみじみと語った橋之助。成駒屋にとっての大名跡だけに緊張が高まっている様子だが、同時に長男の国生が橋之助、次男の宗生が福之助、三男の宜生が歌之助を襲名するとあって、「1年ほど前に菊五郎のお兄さんにご挨拶にうかがった時は『よくもまあ、3人の息子も含めて(襲名)するよね』と言われまして、襲名の2カ月興行も初めてですので今がまさに大変。昨日も紋付きで稽古場に行って、セリフをひとつも覚えていないという夢を見た」と苦笑した。

 築地市場は本拠地の歌舞伎座と目と鼻の先にあり、「小学校の頃には見学に行き、大人になってお酒を飲むようになってからは一杯やりながらおいしいものを食べに行っている」というなじみの場所。既に映画を観賞し、「(登場人物が)皆、いい顔をしている。我々と相通じるところがあって、当たり前のことをやっているから何とも思わないのに、新しい、格好いいと言われあらためて認識するところがある。そういう伝統が詰まった映画なので、特に若い人たちに見ていただきたい」とPRに努めた。

 先ごろ、小池百合子東京都知事が11月に予定されていた豊洲への移転の延期を表明。橋之助は、歌舞伎座の建て替え時を振り返り「前の歌舞伎座は50年もったので、今度は100年もつ劇場を造りたいという夢を持った。(関わる)皆でしゃべることが大事だと思う。多分良い結果が出るでしょう」と期待を寄せた。

 襲名披露興行は10、11月に行われ、11月には「連獅子」で故中村勘三郎さんが襲名時に勘九郎、七之助との3人連獅子を披露したが、それを上回る3人の息子との4人連獅子に挑戦する。「息子たちは僕と同じくらい体がでかいので、歌舞伎座の舞台では隣の毛が首に絡まっちゃうんじゃないかな」とおどけつつも、楽しみな様子だ。

 「TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)」は、80年の歴史に幕を下ろす予定の築地市場に1年4カ月にわたり密着。国内外の料理人らの証言などを基に、世界遺産となった和食のルーツに迫る。10月1日から築地の東劇で先行公開(15日から全国拡大)されるため、橋之助は「映画を見た帰りに、ぜひ歌舞伎座も見ていただきたい」とシナジー効果を期待していた。

最終更新:9月3日(土)20時37分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。