ここから本文です

セビージャの敏腕SDモンチ、「清武を獲得した際の問題は日本人であったということ」

GOAL 9月3日(土)20時9分配信

セビージャのモンチSD(スポーツディレクター)がスペイン『エスタディオデポルティボ』とのインタビューに応じ、今夏の移籍市場で獲得したMF清武弘嗣について語った。

モンチSDはハノーファーでプレーしていた清武に約2年前から注目し続け、今夏に移籍金650万ユーロを支払うことで獲得を決めた。

けれども、セビージャの敏腕SDは『エスタディオデポルティボ』とのインタビューで、清武がスペインとは文化的土壌の違う日本出身であることに危惧を抱いていたことを告白。ただし、同選手のチームへの適応具合を見るに付け、そのような心配が杞憂であったという確信を持てたために語れることだったようだ。

「清武を獲得すると決めたとき、私は彼が日本人であることが問題と話していた。とてもエキゾティックで、言葉などの問題もあるからね。しかしながら、彼は加入直後からチームの一員になろうと努力をしてくれた」

「サッカー的な面で、彼への疑いは一切存在しない。私は彼のプレーを目にしていたのだから。ゆえにチームへの適応こそが最大の壁になるはずだったが、彼はその期間を可能な限り短縮している。そう、選手たちは選手としての実力を発揮するため、一個人として快適に過ごせていなければならないんだ」

GOAL

最終更新:9月3日(土)20時10分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。