ここから本文です

U18日本代表、中国にノーヒットリレー!寺島が7回13K

デイリースポーツ 9月3日(土)6時3分配信

 「U-18アジア選手権・2次リーグ、日本8-0中国」(2日、台中)

 日本は中国に完封勝ちした。先発した今秋ドラフト1位候補左腕・寺島成輝投手が、7回無安打13奪三振の快投。早川隆久投手も安打を許さず、無安打無得点リレーで2次リーグ初戦を飾った。日本は開幕から4戦連続無失点。盤石の戦いぶりで、決勝進出へ弾みをつけた。

 底が知れない。どこまで投げても点を取られないような安心感があった。七回2死、寺島が投じた141キロの直球が外角にズバリと決まる。13個目の三振を見逃しで奪うと、余力を持ってマウンドを降りた。許した走者は七回先頭の四球だけ。開幕戦の香港戦に続く無安打投球だった。

 「チームに勢いをつけることを考えた。無失点で来ていたので、それは続けたいなと思った」。言葉通り、初回先頭から4者連続三振。相手を圧倒した。前日、2次リーグ初戦の先発を告げた小枝守監督(65)も「どうしても落とせない時は彼にいきます。走者を出していなければ(最後まで)いっちゃったかも」と感服した。

 どんな状況にも動じないわけは“非全力投球”にある。寺島は「100%という感じがわからない。8~9割でしっかりと。制球を意識しているので」という。自分を制御できる“遊び”の部分を残すことが、ベストの投球を生む。女房役の九鬼も「受けていて楽しい。ミットが全然動かない」と舌を巻いた。

 前夜はチームで焼き肉へ出かけた。寺島も「がっつきました」と、日本の味を堪能したが、大量の野菜も口にし、自己管理は怠らなかった。残るは2試合。無失点を続ける日の丸投手陣の大黒柱は「任されたら期待に応えたい」と、頼もしかった。

最終更新:9月3日(土)8時8分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]