ここから本文です

「こち亀」連載終了!秋本治、40周年迎え「一番良い大団円の場」<コメント全文>

シネマトゥデイ 9月3日(土)21時1分配信

 40年にわたって連載されてきた人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、17日発売の「週刊少年ジャンプ」42号をもって終了することが明らかになった。3日、東京・神田明神で行われた連載40周年を記念する「完全描きおろし絵巻奉納式」で発表されたもので、著者の秋本治は、「40周年で祝ってもらってスッと消えるのがやっぱり一番良い大団円の場かなと思いましてそれで決めました」と感慨深げに語った。

【写真】連載終了が決定「こち亀」フォトギャラリー

 同作は、亀有公園前派出所に勤務する両さんこと両津勘吉を中心に、個性豊かなキャラクターが巻き起こす騒動を描くギャグ漫画。1976年にジャンプ誌上で連載をスタートし、一度の休載もなく今年40周年を迎えた。アニメ、ドラマ、実写映画、舞台、ゲームなどさまざまなメディア展開が行われ、1巻から199巻までのコミックス累計発行部数は1億4,000万部以上。17日の200巻発売を節目に連載が終了する。

 寂しさをにおわせつつも秋本は、「本当はすごくおめでたいことで、少年誌で漫画が40年続くってことはまずありえない」とコメント。また、「200巻は作家にとって、勲章みたいなもの」と語ると、「両さんはお祭りが大好きなんですね。で、200巻ということで、区切れの200で止めるのが一番こう、ぱっと身を引くのもいい」と決意の理由を明かした。

 編集部からは「描いてほしい」と言われ、本人も「いつまでもずっと描きたい気持ちはもちろんあるし、『こち亀』のネタはまだまだ沢山あります」と言うものの、一区切りをつけたい気持ちは変わらなかった様子。一方で、「機会があれば時々遊びにいくぐらいはいいかなと思ってます」と完全引退は否定。編集部も同作について「今後は週刊連載・少年ジャンプの垣根を飛び出します」としており、詳細は42号にて発表されるという。

【連載終了に関する秋本治の主要コメントは以下の通り】

 びっくりさせて申し訳ないです。今日、こんなめでたい席で終わっちゃうのは寂しいかもしれないけど、本当はすごくおめでたいことで、少年誌で漫画が40年続くってことはまずありえないですよね。やっぱり、少年誌は読んでくれる方がどんどん変わるし、ましてや週刊の方は色んな新しいのを入れながら動くってのが少年誌の王道なので。そんな場所で40年描かせてもらえたことは本当に嬉しいことなんです。ましてや200冊まで出してくれたっていう、集英社と週刊少年ジャンプ編集部に作家としては本当にどれだけ頭を下げても足りないぐらいです。200巻は作家にとって、勲章みたいなものですね。

1/2ページ

最終更新:9月3日(土)21時24分

シネマトゥデイ