ここから本文です

イニエスタ:「人生で最もつらかったのはバルサ下部組織での日々」

GOAL 9月3日(土)5時22分配信

バルセロナMFアンドレス・イニエスタは、人生の中で最もつらかった経験として、同クラブの下部組織で過ごした日々を挙げている。

イニエスタはアルバセテの下部組織に在籍していた12歳の頃にバルセロナの目にとまり、同クラブの下部組織マシアに入団。それから家族と離れ離れの生活を送ることになった。スペイン代表MFは最近に発売された自伝の中で、マシアでの日々について次のように振り返っている。

「馬鹿げたことと思われるかもしれないが、マシアでの日々こそが人生最低のものだった。あの頃にそう感じ、今も同じ感覚がある。まるで時間が経過していないように」

「あそこでは捨てられた、行き場を失ったという感覚に陥った。自分の中の最も深いところにあるものが引っこ抜かれたような。僕は自分であそこに行くことを望んだし、将来のためにも最善だと思った。だけど家族と離れて、彼らを近くに感じられないことは…、本当につらかったんだよ。自分自身で下した決断だけど、実際にそう感じたんだ…」

GOAL

最終更新:9月3日(土)22時0分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]