ここから本文です

F1=ハミルトン、18歳フェルスタッペンの才能を称賛

ロイター 9月3日(土)11時31分配信

[モンツァ(イタリア) 2日 ロイター] - 自動車レースF1のルイス・ハミルトン(英国、メルセデス)は2日、成長著しいマックス・フェルスタッペン(オランダ、レッドブル・タグ・ホイヤー)の才能を認め、同選手の運転に対する批判の声に対し、広い視野でとらえるよう呼びかけた。

フェルスタッペンは第13戦のベルギー・グランプリ(GP)決勝でキミ・ライコネン(フィンランド、フェラーリ)をブロックするようなドライビングを見せて物議を醸した。

ハミルトンはその映像をビデオで見たとし、「キミを押し出すようなドライビングは興味深かったが、彼がまだ学びの途中であり、若いアグレッシブなドライバーだということだ」とコメントした。

18歳ながら今季スペインGPで勝利を挙げ、個人総合で6位につけているフェルスタッペンに対し、ハミルトンは「大きなプレッシャーをはね返し、GPに勝った。自分の両手でチャンスをものにした」とその才能を称賛。18歳では人間としての成熟が選手としての実力に追いつかないこともあると語った。

最終更新:9月3日(土)11時31分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。