ここから本文です

南三陸で秋の着地型ツアー 豊富な「食」体験をPR /宮城

みんなの経済新聞ネットワーク 9月3日(土)16時49分配信

 南三陸町観光協会(南三陸町志津川、TEL 0226-47-2550)は9月2日、着地型の旅行ツアー「秋旅! 南三陸グルメぐりツアー」を発表した。(三陸経済新聞)

 実りの秋を迎える9月下旬~11月に町内各地で食と地域文化を体験する同企画。9月25日のリンゴ狩りから11月26日の薫製作りまで、11種類計18回を予定する。

 三陸沿岸に位置することから全国的にも海産物の宝庫として知られる南三陸町。これまでは「ブルーツーリズム」として漁業体験や海産物を食べるツアーを押し出してきたが、今回は、新そばの実食、干し柿作り、芋堀りなど、農業とその周辺の食を体験するツアーを用意。いずれも町内のキャンプ場や農園、公民館などを会場に行う。

 体験メニューは「阿部さんちのりんごを穫って!食べて!詰め放題!」「刺し網漁のおさかなを食べつくしツアー!」「芋掘り・詰め放題体験&芋を食べようツアー」「うみさと料理教室」「キャンプ場でバウムクーヘンを豪快に作ろう!」「手軽にできる!スモーク作りにチャレンジ!!」「歌津産!新そばをつくって味わおう」「イカの解剖実習」「濃厚クリーミー牡蠣(カキ)剥き体験ツアー」「柿むき隊2016~ビーンズくらぶと干し柿つくり体験~」「はらこ飯とぷちぷちイクラ漬を作ろう!」で、ツアー料金は1,500円~4,000円。

 ツアー予約は同町の公式観光予約サイト「みなたび」で受け付ける。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月3日(土)16時49分

みんなの経済新聞ネットワーク