ここから本文です

追加招集のDF植田「試合に出ないといけない危機感がある」

デイリースポーツ 9月3日(土)6時4分配信

 「W杯アジア最終予選、タイ-日本」(6日、バンコク)

 18年W杯ロシア大会アジア最終予選に臨んでいるサッカー日本代表は、1-2で逆転負けを喫した初戦のアラブ首長国連邦(UAE)戦から一夜明けた2日、さいたま市内で軽めの調整を行った。6日の敵地タイ戦(バンコク)に向け、チームは同日夜にバンコクに到着した。

 1日に追加招集され、即ベンチ入りしたDF植田直通(鹿島)は「やっとチャンスがまわってきた」と意気込んだ。

 リオ五輪代表として全3試合にフル出場するも、不完全燃焼。「五輪の悔しい思いを晴らすのは、ここしかないと思っていた。ベンチに座っているだけではなく、試合に出ないといけないという危機感がある」と話し、出場に意欲を示した。

最終更新:9月3日(土)7時45分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合