ここから本文です

挑戦9度目ソフトバンクついにマジック20点灯!松田が決勝三塁打

デイリースポーツ 9月3日(土)9時0分配信

 「楽天6-8ソフトバンク」(2日、コボスタ宮城)

 追い込まれても、体勢を崩されながらも、執念で外角チェンジアップに食らいついた。6-6で迎えた九回2死一、三塁。ソフトバンク・松田宣浩内野手が、楽天の守護神松井裕から右中間を破る、決勝2点三塁打。待望の優勝へのマジックナンバー「20」を点灯させた立役者は「とにかくつなぐ思いで打ったが、本当によかった。ようやく出たマジックを一つずつ消していきたい」と喜んだ。

 前日1日の西武戦に名を連ねた中軸から「3番・柳田」の名前が消えた。右手薬指骨折で離脱。シーズン最終盤でチームを襲った危機でチームは一丸となった。松田は「本人が一番悔しい思いをしている。残ったメンバーで優勝するという思いでやっている」とナインの思いを代弁した。

 前夜、柳田本人から「頼みますよ」と託され代役3番に入った江川は、この日1安打を含む4出塁でチャンスメークした。江川は「自分にできることを全力で」と改めて気合を入れた。4番・内川 は2安打3打点で、3試合連続で適時打をマークし「いいところで打てた」とうなずいた。

 柳田不在を感じさせない力強さを見せた打線に、工藤監督は「負けられない思いが、つなぎになり、得点に結びついた」とたたえた。8月6日から始まったマジック点灯の挑戦は9度目にして成就したが「それよりも、目の前の試合を精いっぱい戦う」ときっぱり。3連覇に突き進む工藤ホークスに慢心はない。

最終更新:9月3日(土)9時6分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。