ここから本文です

「地域振興策進める」 内堀知事が川内、葛尾視察

福島民報 9月3日(土)11時21分配信

 内堀雅雄福島県知事は2日、東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示が6月に解除された福島県川内村と、一部が解除された葛尾村を視察した。
 川内村では、川内産ワイン出荷を目指してブドウが栽培されている畑、4月にオープンし、村民の健康づくりの拠点となっている「もりたろうプール」の2カ所を見て回った。遠藤雄幸村長らが案内した。
 葛尾村では、3月末にオープンしたカフェ「嵐が丘」で松本允秀村長や村民と懇談した。地域コミュニティーの回復を目的に5月に一部再開した宿泊交流館「みどりの里せせらぎ荘」なども訪れた。
 内堀知事は両村の視察後、「特に小中学生が帰還し切れていないのが課題。多くの人が安心して戻ることができるよう村、国と一体となって地域振興策を進める」と述べた。

福島民報社

最終更新:9月3日(土)11時26分

福島民報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。