ここから本文です

関根勤、結婚42年で初めて妻に褒められた 心臓手術から3カ月

デイリースポーツ 9月3日(土)11時57分配信

 タレントの関根勤が3日、TBS系の生情報番組「サタデープラス」に出演し、心臓出術後、食生活が激変したことを明かした。

 番組では「緊急手術から3カ月」と題して特集企画を放送。手術後の食生活について問われた関根は「サラダを食べるようにしてね」と報告。以前はスーパーへ買い物に行くと、あじフライやハンバーグなどを買っていたそうだが、「サラダコーナーに行くようになってね。妻から『あなた、サラダ買うようになったのね』って、(結婚してから)42年間で初めて褒められましたよ」と明かした。

 共演の小堺一機から「とんかつ食べにいって、キャベツから食べろって言われて『いやだ』って言ってたじゃない。それはどう?」と問われると、「今はね、キャベツから。全部は食えないけど、半分は食べてます」と返答。小堺も「前はね、『とんかつ食べに来たんだから!』って、とんかつ食べてた」とその変化に感心していた。

 関根は今年4月に同番組の企画で「人間ドック」を受診。その際に異常が認められ、再検査の結果、冠動脈の狭窄(きょうさく)と診断され、5月に手術を受けた。

最終更新:9月3日(土)12時2分

デイリースポーツ