ここから本文です

早実・清宮新主将のスローガンは「GO!GO!GO!」

デイリースポーツ 9月3日(土)12時26分配信

 「秋季高校野球東京大会・一次予選1回戦、早実24-0八王子桑志」(3日、多摩一本杉球場)

 新チームでの公式戦初戦を迎えた早実は新主将の清宮幸太郎内野手(2年)が「3番・一塁」で先発出場し、5打席4打数2安打1打点で本塁打は出なかった。チームは五回コールドで勝利し、4日の2回戦へ進んだ。2投手が相手打線を5回無安打無得点に抑えた。

 清宮は試合後、新主将として、「GO!GO!GO!」という新たなチームスローガンを明かし、この試合でもベンチ内のホワイトボードにも記していたことを示した。

 新スローガンは清宮自身が発案したもので、「話すと長くなりますが…」と前置きしながら、「3つの『GO』とも『5』にかけています。最初の『GO』は投手の球速を5キロ増そう。次の『GO』は打者の飛距離を5メートル伸ばそう。最後の『GO』はそのために皆が体重を5キロ増やそうというものです」などと説明。また「GOの持つ前向きな響きを出したい」とも話した。

 この日の清宮は初回の第一打席は一ゴロ。1点を先制後の無死二塁から相手左腕の緩めのボールにタイミングが合わず引っかける打撃となった。

 二回の第2打席は右前打。この回にもう1度回った第3打席は中前へのポテンヒットで1打点を挙げた。

 三回の第4打席はストレートの四球で出塁。四回の第5打席は2番手右腕に一邪飛に打ち取られた。

 清宮は新チームになってから練習試合で13本塁打を放ち、高校通算本塁打を66に伸ばしている。

 今大会は来春の選抜大会への参考となる。清宮ら早実ナインは昨年4強入りした夏の全国大会以来となる甲子園出場を目指す。

最終更新:9月3日(土)12時39分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。