ここから本文です

雑誌「りぼん」別冊付録でSEKAI NO OWARIファンブック

音楽ナタリー 9月3日(土)18時44分配信

本日9月3日に発売された少女マンガ雑誌「りぼん」10月号に、SEKAI NO OWARIについて書かれた別冊「SEKAI NO OWARI りぼんスペシャルファンブック」が付録として綴じ込まれている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この別冊は、同号から連載がスタートする「古屋先生は杏ちゃんのモノ」の作者・香純裕子がイラストを執筆。3月から6月にかけて行われたSEKAI NO OWARIのツアー「The Dinner」を観覧したレポートなどをマンガで描いている。

最終更新:9月3日(土)18時44分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。