ここから本文です

立命大・大学日本代表の辰己が3安打4打点

デイリースポーツ 9月3日(土)14時10分配信

 「関西学生野球リーグ、立命大10-1京大」(3日・わかさスタジアム京都)

 リーグ4連覇を目指す立命大が京大を圧倒した。大学日本代表として日米大学野球で活躍した辰己涼介外野手(2年・社)が、一発を含む3安打4打点の活躍で打線をけん引した。

 ジャパンのユニホームを着た経験からか、1人だけ存在感が違った。五回2点を先制しなおも2死一、二塁の場面で「1球目と同じボールを狙った」と真ん中に来た直球を完ぺきに振り抜いた。

 打球は右翼席に飛び込む3ラン。初回の第1打席では左中間にポトリと落ちる安打で、一気に二塁を陥れた。九回2死一、二塁の場面では右前へ痛烈なタイムリーを放ち、計4打点。「開幕戦でいいスタートを切れて良かったです」と安どの表情を浮かべた。

最終更新:9月3日(土)14時56分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]