ここから本文です

阪神・金本監督 守備妨害のジャッジに納得いかず猛抗議

東スポWeb 9月3日(土)21時24分配信

 3日の阪神―DeNA戦(甲子園)の6回、金本知憲監督(48)がベンチを飛び出し、審判のジャッジに猛抗議する場面があった。

 無死一塁、2番・大和のゴロをDeNAの二塁・石川が捕球しようとした際、一走・北条と重なるような形になり、打球が中堅へ抜け、北条は三塁へ進んだ。

 このプレーについて二塁塁審・梅木は、北条の走塁が守備妨害と判断。これに納得がいかない指揮官は、梅木塁審に詰め寄り抗議した。

 結局、判定は覆らず、一死一塁から試合は再開。このジャッジに多くの虎党も納得がいかず、一時球場は騒然となった。

最終更新:9月3日(土)21時24分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。