ここから本文です

「こち亀」公式サイトで連載終了を報告 両さんは怒りのコメント!?

東スポWeb 9月3日(土)22時6分配信

 連載40周年を迎えた長寿人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、17日発売の「週刊少年ジャンプ42号」(集英社)で最終回を迎えることになり、作者の秋元治氏(63)が3日、「こち亀」の公式サイトにメッセージを寄せた。

 この日、東京・神田明神で行われた絵巻奉納式に出席した際、「こち亀」の終了を発表した秋本氏。その際の発言を「こち亀」の公式サイトにも掲載し「びっくりさせて申し訳ないです」とファンに謝罪し、連載終了を決断した経緯や理由を説明した。

 40年続いたこと、単行本が200巻に達することについて「作家にとって、勲章みたいなものでね」と感想を述べると、「両さんはお祭りが大好きなんですね。で、200巻ということで、区切れの200で止めるのが一番こう、ぱっと身を引くのもいいし、40周年でみんなで祝ってもらったときにスッと消える感じがやっぱり両さんらしいし、そしたらこれしかないということで」とした。

 公式サイトでは記念すべき「こち亀」の1コマ目や、登場人物を改めて紹介。「ご愛読ありがとうございました。またどこかでお会いしましょう」とのメッセージを添えた両さんのイラストで締めくくりかと思いきや、「待て!! まだ終わりじゃないぞ!!」と怒りの両さんが登場。「こういう時だけ『最近読んでないけど好きだった』とか、『もっと続いて欲しかった』とか言いやがって うれしいけど」と“最終回あるある”を披露する。

 続けて「9月17日のジャンプこち亀40周年記念号をみんな読んでくれ!! 読んでから言ってくれ!! 200巻も発売するから買ってくれ!!」とまくし立てると、大原部長が登場。両さんは「うるさい!! ちょっとはしんみりせんか!」と一喝された。

最終更新:9月3日(土)22時6分

東スポWeb