ここから本文です

亜人と書いてデミって言うの! 「亜人ちゃんは語りたい」アニメ化決定!

ねとらぼ 9月3日(土)19時55分配信

 「ヤングマガジンサード」(講談社)でペトスさんが連載中の亜人コメディー漫画「亜人ちゃんは語りたい」のアニメ化が発表されました。9月3日にTOKYO MXで放送されたCMで明かされたほか、ティーザーサイトもオープンしています。

【9月20日にはコミックス4巻が発売】

 亜人が自然な形で共生する現代社会を描いた同作。バンパイア、サキュバス、デュラハン、雪女など、人間とちょっとだけ違う性質を持つ(かわいい)亜人たちと、彼女たちの悩みや葛藤(かっとう)を理解し、先生として、ときに人間として亜人と接する高校の生物教師・高橋鉄男の交流を描いたコメディータッチの作品です。原作の発行部数は55万部を突破しており、9月20日にはコミックス4巻が発売されます。

 アニメの続報は、9月6日発売の「ヤングマガジンサード」Vol.10に掲載されます。

最終更新:9月3日(土)19時55分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。