ここから本文です

【全米テニス】大坂なおみ、あと1ゲームだったのに…逆転負けで16強進出逃す

スポーツ報知 9月3日(土)8時27分配信

◆テニス 全米オープン第5日 ▽女子シングルス3回戦 大坂なおみ1―2マディソン・キーズ(2日、米ニューヨーク・ナショナル・テニスセンター)

 女子シングルス3回戦で、世界ランク81位の大坂なおみ(18)=フリー=は第8シードのマディソン・キーズ(21)=米国=に挑戦。5―7、6―4で迎えた最終セット、5―1のリードから6―7と逆転負けし、惜しくも16強進出はならなかった。

 大坂はまさかの失速で金星を逃した。1ゲーム取れば勝利という状況から、相手の気迫に押されミスが出た。5―4の第10ゲームでブレイクを許した場面では、フォアハンドクロスのアウト判定にチャレンジを要求。外れていることがビジョンで映し出されると、溢れそうになる涙をリストバンドでぬぐった。タイブレイクは2―3から2本続けてリターンエースをたたき込まれ力尽きた。

 キーズは米国代表で出場したリオ五輪の3位決定戦で惜しくも敗れた実力者。この日のマッチデープログラムのポスターに抜てきされ、センターコートの第2試合に登場と期待を背負っていた。シードの面目を保ち「どんなスコアになっても勝とうと努力した」とホッとした様子。共に練習したこともある大坂については「素晴らしいサーブとフォアハンドの持ち主だった。この敗戦が彼女をより強くすると思う」とたたえた。

 大坂は奈良くるみ(24)=安藤証券=と組んだ女子ダブルス1回戦では、第1シードのフランスペアに敗れた。穂積絵莉(22)=エモテント=、加藤未唯(21)=佐川印刷=組は第14シードのペアに勝利し3回戦に進んだ。

最終更新:9月3日(土)9時36分

スポーツ報知