ここから本文です

【楽天】台風被害支援に募金活動 岩手出身・銀次「支え合っていきましょう」

スポーツ報知 9月3日(土)10時23分配信

 楽天は3日から15日にコボスタ宮城で行われる試合において開始1時間前から約30分間、球場正面で「台風10号被害支援」のための募金活動を行うと発表した。

 3日は梨田昌孝監督、一部選手も午後12時50分~13時に正面広場で募金活動を行う予定。この他にもコボスタの各所に募金箱を設置する。集まった募金は、楽天グループのインターネット募金「楽天クラッチ募金」により、地方自治体などを通じて被災された方々の支援に役立てられる。

 ▼楽天クラッチ募金

http://corp.rakuten.co.jp/csr/donation/typhoon10_201608.html

 以下、岩手県・普代村出身、銀次選手会長のコメント

 「このたび、被災された地域の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。自分の生まれ育った岩手県も大変な状況になっています。中学時代から今でも通っている飲食店も水に浸かってしまったと聞きました。とても辛く、寂しい気持ちです。何も出来ない自分に、今までにない悔しさを感じています。また、年配の方が多く、水が引いても溜まった泥を処理する人手が足りていないそうです。多くの方々が大変な思いをし、不安で眠れない日々が続いている状況に心が痛みます。このような状況だからこそ、東北人の優しい気持ちと、強い心で、一人一人支え合っていきましょう。私たちは東北の球団として、そのような中で生活されている方々に少しでもお力になれればと考え、募金をさせていただくことになりました。私たち楽天イーグルスは再び心を一つに皆さまとともに戦ってまいります」

最終更新:9月17日(土)19時59分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。