ここから本文です

浅野忠信「小さい時は金髪に近かった」 国際派俳優の原点語る

デイリースポーツ 9月3日(土)17時58分配信

 俳優の浅野忠信(42)が3日、東京・銀座で、「世界を舞台に活躍する表現者になろう」をテーマにしたトークショーを、映画監督の黒沢清氏(61)と行った。

【写真】浅野忠信に「間違われた」俳優とは…

 浅野は2011年の「マイティ・ソー」でハリウッド進出するなど、海外作品への出演も多いが、「アメリカ人の血をひいているクオーターなので、小さいときは金髪に近かったり、『日本人とは違う』と植え付けられていた。その頃からハリウッド映画を見ていて、『違う世界がある』というのがあったのかも」と国際派俳優の“原点”を語った。

 2人はそれぞれの新作もPR。黒沢監督はメガホンをとった「ダゲレオタイプの女」(10月15日公開)を「ホラー映画なので怖いです」と説明し、浅野の主演作「淵に立つ」(10月8日公開)については、「これもホラーですよね。浅野君がすごくて、映っていないところでも支配している」と称賛していた。

最終更新:9月3日(土)18時11分

デイリースポーツ